Top >  リンパ浮腫とは >  原発性リンパ浮腫の分類(古典的分類)

スポンサードリンク

原発性リンパ浮腫の分類(古典的分類)

原発性リンパ浮腫は、静脈の先天的な発育の不全、リンパ管や、動脈の発育不全が原因となって発症します。

ですが、明らかな原因はわかっていません。

発症の時期により、原発性リンパ浮腫は昔から、先天性、早発性、遅発性の3つに大別できます。

発症する時期が、2〜3歳、歩き始める頃までに発症するものを、先天性といいます。

これは、歩き始めることで、膝に負担がかかるようになり、むくみ始めることでわかります。

先天性の原発性リンパ浮腫が疑われる人は、膝の皮膚の部分をチェックすることが大事です。

次に早発性です。

早発性の発症時期はだいたい35歳くらいまでだといわれています。

これは、成人へと成長している段階にあることと、思春期や、妊娠を経験したことなどにより、新陳代謝が活発化され、腹部にあるリンパ管へ圧迫を及ぼした結果として、発症してしまうことがあるからです。

次に遅発性です。遅発性は、35歳以降に発症した場合を、遅発性といいます。

早発性でお話しましたが、女性の場合、妊娠をきっかとして発症してしまうことがあるため、年齢ではなく、妊娠の前後で区別する場合もあります。

このように、発症時期だけで区別する分類方法、古典的な分類の仕方では、病気の所見を考えにいれていないので、病気をケアする上でかなりの限界がでてきます。

ここで、病気の原因に応じたケアをするために分類する方法として役立つものをお話します。

原発性リンパ浮腫の患者さんの放射線撮影結果を元データとして区別していくキマンスという分類方法です。

 <  前の記事 毎日の生活で心がけること  |  トップページ  |  次の記事 原発性リンパ浮腫の分類(病理的分類)  > 

         

更新履歴

お気に入り

古本 買取

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「リンパ浮腫 治療のために」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。