Top >  リンパ浮腫の症状と治療法 >  リンパ浮腫の合併症 その1

スポンサードリンク

リンパ浮腫の合併症 その1

(1)リンパ小疱・リンパ漏 

リンパ小疱は、皮膚に小さなぶつぶつで、出来ているとついつぶしたくなります。

ですが、これをつぶしてしまうと皮膚に傷ができ開口してしまい、リンパ漏になる恐れがあります。

つぶさないように治療をすることをお勧めします。やわらかく清潔なガーゼなどで、患部にあて、軽く圧迫しておくとよいでしょう。

(2)真菌感染 

一般的に水虫のことを真菌症と言います。

水虫は菌による感染なので、感染の部位を広げないようにします。

まず、患部にやわらかいガーゼをあて、通気をよくしましょう。

放置していると、蜂高禄を再発してしまいます。

水虫は菌を殺してしまう薬があるので、きちんと治療をすれば完治します。

はやめに専門の医師による診察を受け適切な治療をしましょう。

 <  前の記事 さまざまなリンパ浮腫の合併症  |  トップページ  |  次の記事 リンパ浮腫の合併症 その2  > 

         

更新履歴

お気に入り

古本 買取

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「リンパ浮腫 治療のために」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。