Top >  リンパドレナージと運動 >  マッサージを受ける際の姿勢

スポンサードリンク

マッサージを受ける際の姿勢

手に体の重心をかけながら少しずつ少しずつずらしながら行うとより効果的です。

マッサージを行う際の姿勢ですが、うつぶせになったり、横向き、仰向けなど、いろいろな楽な体勢で行います。

さらに、リラックスしてうけることが大切ですので、枕やクッション、タオルなどを利用して、体の高さを調節して楽な体勢で行いましょう。

組織駅やリンパ液の流れは、中枢方向へ向けていきます。

皮膚にかかる負担や、重力を軽減させるためにタオルやクッションなどを利用します。

実際に私たちがマッサージを行う場合には、マッサージを受ける側だけでなく、マッサージをする側の姿勢にも気を配りましょう。

高さの調節できる昇降ベッドなどを利用するのが一番理想的です。

これは、マッサージをする側の家族と、マッサージを受ける人にも楽な姿勢で行うことができ、腰を痛めないようケアを行うことができるからです。

マッサージを長く続けていくコツとして、マッサージを行う姿勢を工夫するのは重要なポイントです。

患者、家族にとって環境を整えてマッサージすることで、マッサージの時間が苦痛になることなく、リラックスできる時間になるでしょう。

この際にお勧めな方法として、クラシックなど、お気に入りの音楽をかけたり、アロマキャンドルでリラックスできる香りの空間を演出してみるのもよいでしょう。

 <  前の記事 マッサージ療法、リンパドレナージとは  |  トップページ  |  次の記事 リンパ浮腫の症状  > 

         

更新履歴

お気に入り

古本 買取

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「リンパ浮腫 治療のために」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。