Top >  リンパドレナージと運動 >  リンパ浮腫の治療法としての運動

スポンサードリンク

リンパ浮腫の治療法としての運動

リンパ浮腫を治療する方法として有効なものに運動があります。

私たちの体内を流れるリンパ液がスムーズになるためには、運動が有効なのです。

方法として、皮膚を圧迫した状態で運動をします。

弾性包帯や、弾性圧迫衣などは、体内にたまっているリンパ液を効果的に流すことができます。

このような運動療法は、リンパ浮腫を改善していくためにかなり効果的な運動療法だといえます。

これは、リンパ液の排出効果を高めるため、弾性包帯などにより、外部からの圧力をうけ、リンパ管が支えられることで、効果がでてきます。

この適度な圧力がポイントです。

こういった運動療法は、肥満の解消や、便秘の解消、腰痛、肩こりなどの相乗効果へとつながっていきます。

ですが、ここで注意する点があります。

この運動療法は無理のないよう適度に個人のもつ体力にあわせ行っていくことが大切です。

はじめから頑張りすぎて、疲れを残してしまったり、反対に腰を痛めたり、足を痛めてしまう結果となりかねません。

症状を悪化させることのないように、適度な個人の体力に合わせた運動にしましょう。

疲れ以外にも筋肉を使いすぎたことにより、こりが残るなど、筋肉に乳酸を蓄積させないようにしましょう。

これは、乳酸が蓄積されることにより、血管が拡張していき、動脈の流れが増してきます。

動脈の血液の量に比例してリンパ液は増加していきます。

リンパ液は増加しているにもかかわらず、筋肉痛などのよる痛みで、動きが鈍くなり制限されてしまうと、体の中に生成されたリンパが停滞してしまいます。

ここで増加したリンパ液が皮下に貯留してしまうという状態になるため、症状が悪化していき、悪循環となります。

ここでいえることは、運動療法を効率よく行うポイントとして次の日に疲れを残さない程度の運動量を目安とし、効率よく続けていくことが大切です。

 <  前の記事 むくみをとるリンパドレナージ  |  トップページ  |  次の記事 毎日の生活で心がけること  > 

         

更新履歴

お気に入り

古本 買取

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「リンパ浮腫 治療のために」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。